ブログランキングに参加しています。参考になりましたらひと押しお願いします。 banner_02.gif

2011年05月25日

主人のことで悩んでいます。

主人のことで悩んでいます。

わたしたち夫婦はとも働き、私もフルタイムで働き、1歳のこどもがいますが、私の実母とともに暮らして面倒を見てもらっています。

悩みは年々主人の無気力、楽観性が増していることです。

わたしたち夫婦はともにフリーランスだったのでこどもができたことをきっかけに正社員に転職しました。
私自身は途中産休もとりましたが、業績を認められ昇給、
主人は昇給試験を落ち続け、結果3年の間で2倍の給料差となってしまいました。

主人の会社は昇給試験に受からないと昇給しないので、ずっと新卒のようなお給料で働いていますが、主人にはその危機感がまったくなく、毎日ただ時間を消化し定時で帰り、定時に帰ってきたからといって、家事を手伝ったり、こどもの面倒をみるわけもなく、ケータイやネットばかり見ています。
昇給試験の勉強も寝転びながらダラダラしています。

主人がのんきにすればするほど、わたしの精神的な負担が増えているような気がしています。
家事も仕事もわたしばかりに負担があるような気がして不平等な気がしてなりません。

震災の後、母は怖がって実家に帰りたいと言っているので、(家と会社が遠いので)私が仕事を辞めるか、時短にするかを考えなくてはなりませんが、今の主人の様子を見ていると生活できなくなるのではと怖くて動けません。

主人との話し合いはしょっちゅうしているのですが、「そうだねぇ」「がんばらないとねぇ」とその場で言うだけで話になりません。
主人を見ているとイライラするし、そんな自分にも嫌気がしてきます。

危機感を持つことがいいと思っているわけではありませんが、男性として家族を養おうとする意志くらいは持ってもらいたいのです。

わたしが仕事を辞めて主人を頼りにすればいいのでしょうか?それはとてもリスクが高い気がします。
どうすれば主人に向上心や甲斐性を持たせることができますか?


よもぎもちさん(30代女性)




コーチ神谷からの回答


このたびは、ご相談いただきましてありがとうございます。
私は、MLC認定エグゼクティブコーチの神谷と申します。
よもぎもちさんのご相談に対しまして私なりの見解をお話させて頂きます。

ご主人さまと共働きでありながら、よもぎもちさんのほうが収入が2倍になってしまい、
ご主人さま自身にやる気も見えず、ダラダラしながら、家庭協力が見えない。。ということと、
そのようなご主人さまに対して、どうすれば、向上心、甲斐性を持たせることが出来るか?
ということで、よろしいでしょうか?

この問題は、実は厄介な問題でもあり、一筋縄にはいかないかもしれません。

上記のご相談だけでは、少し見えてこないところもあるのですが、
そもそも、ご主人さまは、向上心や甲斐性、やる気にあふれているような方だったのでしょうか?
もともとそのような方が結婚・出産後にどんどんダラダラするようになってきているのであれば、
多少のリスクを伴いますが、解決していくことが出来ると思いますが、場合によっては、
このケースは離婚問題に発展していくことが良くあります。
ただ、このご主人さまが、もともとマイペースなタイプで、やる気や向上心、甲斐性も人並み程度で
あったならば、現状の回復はかなり難しいかもしれません、

もしも、もともとやる気や向上心にあふれ、甲斐性もあった方であるならば、
まずは、同じ事を何度も話し合っていくことがまず重要になっていきます。
その話し合いも、このままでは家庭崩壊、離婚に向かっていることを
しっかりと伝え、相手が現状を回復する意思があるか?ということと、
将来的にではなく、今すぐのこととして何をするか?どうするか?
ということを具体的に聞き出していかなくてはならないでしょう。
恐らく、このような話し合いは、1回や2回で解決するものではなく、
何度も話し合っていかなくてはなりません。
したがって、よもぎもちさんの根気も重要になっていきます。

単純に収入差が2倍に開いてしまっていることや、昇格試験に落ち続けていることを考えると
現状のまま何度も話し合いをしても、「すぐには変わらない。。」
「仕方がない。。。」「とりあえず、今だけだから、、」
「そのうちどうにかなるから。。。」「しょうがない。。。」等とご主人さま自身も
のらりくらりでかわしたり、まともに考えようとすらしない可能性もあるので、
話し合いを何度もしても、よもぎもちさん自身がどんどん、イライラしてしまったり、
自分に嫌気をさすようになっていったり
感情的に対応してしまったりしてしまうこともあるので、
話し合いには、根気と注意が必要でしょう。

もしも、ご主人さまに何とか現状回復の気持ちがあり、
どうにかしたいけどわからない!ということであれば、
新たな提案として、まず、ご主人さまには、職業を変えてもらうことや、
環境を変える(家庭に入って主夫になる)など、新たな気持ちで始められる物事を
すすめることが一つの方法としてあります。

また、ご主人さまの甲斐性を養っていくためには、
現状の収入差がとてもネックになって行きます。
この対処としては、よもぎもちさんの収入は全て貯金に回し、
あくまでも、ご主人さまの収入だけでやりくりすることを考えても良いかもしれません。
これには、かなりご家族の負担が伴いますが、でもそれが家の主の現状だということを
自覚していただかなくてはなりません。

とりあえず、自分がダメでも、女房が稼いでくれるから。。。

ご主人さまの心のどこかに甘えがあるようであるならば、
いくら話し合いをしても、よもぎもちさんがいくら落ち込んでも
「今は、しょうがない。。。」としか思ってもらえない可能性があります。

そうなると最悪、離婚に向けて前向きに話し合うか、
とりあえず、家を出ていってもらう、もしくは、
よもぎもちさん自身が子ども連れて家を出ることを
考えなくてはならないかもしれません。

それによってご主人さまが危機意識を感じ、現状を回復する気になれば、
幸いですが、このケースで離婚に至るケースもかなりあります。
また、もしもご主人さまが現状をどうにかしたいけどわからない。。
ということで、結論が出なければ、コーチングが有効になってきますので、
体験コーチングをオススメいたします。

以上が私なりの見解になりますが、
あまりお役立てできずに申し訳ありません。
少しでも参考になれば、幸いです。



posted by MLCコーチング・スタッフ at 18:19| 家庭相談室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご相談のお申し込みは こちらから お気軽にどうぞ。


ブログランキングに参加しています。参考になりましたらひと押しお願いします。⇒banner_02.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。