ブログランキングに参加しています。参考になりましたらひと押しお願いします。 banner_02.gif

2009年05月12日

プレッシャーにおしつぶされそうです。

プレッシャーにおしつぶされそうです。



初めまして。昨年12月に勤めていた会社の支店が閉鎖となり、4月に樹脂製品メーカーの販売子会社に転職しました。

これまで営業事務として幅広く営業をアシストしてきました。

今回も営業事務として入社しましたが、実際は受発注業務ばかりで今までの経験が全く活かせず、新人としてイチから覚えています。

当然これは必要な事ですが、研修が一日のみで翌日から即出荷処理を行っており色々な流れが結びついていないまま仕事をしている上、商品が2万点もありまた出荷の関係上処理する時間が決まっている中、お客様からの問い合わせが非常に多く、時間内に終わらせられるかが常に心配で気ばかりが焦ります。

そのためミスが多く帰宅後や休日も「ミスはしていないだろうか」と心配で頭から離れる事がありません。

「新人だから」という理由で現在は本来の仕事の1/10の量にしているとの事ですが、現在でも常時いっぱいいっぱいです。

これから今以上に仕事が増えてくるので全て捌けるのかが今から非常に心配です。

毎日時間に追われながら全て正確にやっていかなければならないプレッシャーにおしつぶされそうです。

職場の人がみんな通った道と言われればそれまでですが・・・。
職場の誰かに相談できればいいのでしょうが、みんな非常に忙しく、甘えは一切通用しないため相談できません。

このご時世の中福利厚生がしっかりしている企業ですので頑張って続けたいですが、続けられるのかが非常に心配です。

何か良きアドバイスを宜しくお願い致します。


イエッサさん 30代女性


A.コーチ匠の回答

イエッサさん、この度は、ワンポイントサジェスチョンへのご相談を頂きましてありがとうございます。

まず、支店の閉鎖ということで転職をせざるを得なかったのですね。
その際は、いろいろと不安やお悩みもあったのではないでしょうか…。
そんな中決まった会社ですから、きっと希望や期待もあったのではないかと思います。

しかしながら、仕事がイエッサさんが本来描いていたものとギャップがあり、さらに新人として、慣れないお仕事なのでは、やはり戸惑いや不安もありますよね。
そんな中、ミスをしていないかが頭から離れないぐらいに考えていらっしゃることは責任感の強い証でもあり、イエッサさんが慣れないお仕事に真剣に取り組もうとしている証拠だと思います。

そして、ただでさえ、そんな不安な状態であるのに、上司からは「仕事を本来の1/10にしている」と言われてしまったのでは、プレッシャーに感じてしまうのも無理のないことですよね。
加えて、そんな苦しい胸の内を誰にも言えず、相談出来ない雰囲気が漂ってしまっているのでは、どうしようもなく苦しい思いをされているのではないかと思います。。。


さて、そんな中、この1カ月余の間を振り返ってみて欲しいのですが、イエッサさんは何が出来るようになったでしょうか?

はじめは1日、何件の処理スピードだったものが何件になりましたでしょうか?
どれぐらい正確に打てるようになりましたでしょうか?
お問合せの電話等にはどれくらい対応できるようになったでしょうか?

詳しいことをうかがっていないのですべてを分かりかねますが、
ご自分の出来ないことや、まだ起きていない先のことばかりで頭がいっぱいになってしまい昨日よりも今日出来るようになったことや、出来るようになるためにどんな工夫をしようか、、、というところに視点が向いていないように感じます。

出来るようになるまでの道のりは人それぞれです。
最初から出来る人もいればだんだんと出来るようになる人もいます。

はじめ、慣れるまで不安な気持ちでいっぱいになってしまう事体は自然なことだと思います。
だれもが通った道と言えば確かにそうかもしれませんが、そのペースや方法は人それぞれです。

今は、そんな不安な気持ちだけに目を向けるのではなく、ご自身の出来たことや、どうすれば出来るようになるのか、といったところに目を向けてみてはいかがでしょうか?

また、イエッサさんにとって"甘え"と"相談"の違いって何でしょうか?

まだ、慣れない新人の方が同僚や上司に相談することは決して甘えではないのではないでしょうか。
社会人としての経験はされていらっしゃるかもしれませんが、イエッサさんのおっしゃる通り、この仕事において新人であることに変わりはありませんよね。

イエッサさんが先輩であった時、新人さんから相談された時どんな気持ちでしたでしょうか?

たしかに、職場の話ずらい雰囲気ってあると思います。
それでも、仕事もまだ覚えられていないのであれば、今は相談するのが仕事と言っても過言ではないのではないでしょうか。


本当であれば、もっと話しかけやすい環境であってほしいところではありますが、このまま誰にも相談出来ずにいると、日に日に苦しくなってしまうのではないかと思います。

比較的相談するのにいいタイミングっていつでしょうか?

始業してから終業までのほんの5分でも良いでしょうし、終業後思い切って相談を持ちかけてみることも1つの方法だと思います。
直接の上司が難しかったら、少しでも話しやすい方にでも相談してみてはいかがでしょうか。
きっと、親身に聴いてくれる先輩もいらっしゃると思いますよ。


また、ここではさらっと書かれておりましたが、勤めていた支店の閉鎖で転職を余儀なくされたことは、本当にいろいろと苦労もあったのではないかと思います。
そういう中でしっかりと良い会社に入れたことはイエッサさんのご努力の結果であると思います。

充実した福利厚生があることはもちろん、それ以上にそのイエッサさんの努力を価値あるものにするためにも、これまでの状況から一歩勇気を持ってチャレンジしてみることも必要なのではないでしょうか。

それによって、それでもうまくいかないというようなことがあれば、また違う方法を考えてみてはいかがでしょうか?


よろしければ、当社の小冊子『あなたへの質問』を読んでみてください。
http://www.e-realize.jp/introduction.html
きっとイエッサさんにとって大切な気付きがあると思いまよ。

そして、やってみようと思うけど出来ない、またやってみたけどうまくいかないということであれば、お気軽に体験コーチング(無料)の方にご連絡ください。
http://www.e-realize.jp/experience.html

より詳しい状況をうかがった上でお答えできると思います。
posted by MLCコーチング・スタッフ at 13:46| 仕事相談室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご相談のお申し込みは こちらから お気軽にどうぞ。


ブログランキングに参加しています。参考になりましたらひと押しお願いします。⇒banner_02.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。